ばっちりトラップ ファーストタッチの練習

ファーストタッチは、「自分が置きたい所にボールをコントロールしなさい」とコーチングするコーチが多いと思います。すなわち次のプレーがしやすい所という事。

かなり離したところにコントロールさせる練習をよく目にします。これも重要で大切な練習だと思います。しかしながら、相手が近くにいるのにボールを必要以上に体から離してしまい、奪われるシーンを試合中によく見かけます。子供は素直ですので言われたことを一生懸命します。ですので状況によってコントロールが変わることをまず教えてあげるとよいと思います。

まずどんなボールでも自分の体にピッタリ止められる技術をつけることが先決だと感じます。それが自在にできれば自分が思うところにコントロールすることは比較的簡単です。一流のプロ選手たちはTPOで瞬時に判断し、的確な場所にボールをコントロールします。体から離さないトラップは試合を見ていても当たり前のようにやっていることなので目立ちませんが、頻度が高く重要な技術です。

  • 止まった状態で強いボールや浮いたボールを体から30cm以内に収める「ばっちりトラップ」の練習。
  • 次は動きながらのばっちりトラップを練習。

これは意外と難しい技術ですが、チーム全ての選手が身に着ける事で、小学生の少女チームでも面白いようにパスがつながり、崩すサッカーの土台となります。この技術を実践で使えるようにするために様々な練習メニューがありますので、練習時間を多めに割りあてることをお勧めします。

この動画では動きながら向かってくるボールをばっちりトラップする練習です。

インサイド

アウトサイド

止まった状態や、横から、後ろから等は後日アップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。