サッカーノートを書かせる意味

サッカーノートをつけさせるために、何年か前のクリスマスプレゼントで子供たちにノートをプレゼントした。

サッカーの事を考える時間を増やすには

何故サッカーノートをつけさせようと思ったか。理由は単純。サッカーの事を少しでも考えてほしいからだ。

小学生の女の子でサッカーを本気で上手くなろうと思っている子は少ない(チームにもよるが)。

その他なんとなく始めた子供たちに、どうしたらもっとサッカーに興味を持ってもらえるか。楽しい練習や、コミュニケーションはもちろんだ。

平日もボールをさわってもらうため、一人で出来る練習メニューを教えて宿題にしたりもした。自主練だ。

「家でもサッカーの事を考える」にはどうしたらいいか。そこでサッカーノートを書かせるようにした。

当時は小学3、2、1年生を担当していたのでなるべく簡単な事を書くように教えた。

  1. 今日やった練習
  2. 上手く出来たこと
  3. 上手く出来なかったこと
  4. コーチに言われたこと
  5. どうすれば上手く出来るか

女の子はものを書くのが好きだ。練習の休み時間にほぼ全員がノートに書いている。

それでもいいのだろうが、家で思い出して書いてもらうようにした。

思い出すことでイメージトレーニングにもなると思った

家で書くことで、練習や試合の事を思い出す時間が出来る。これがイメージトレーニングになるのではないかと思った。復習だ。ほとんどの子供はノートを書くようになった。1年生もだ。見せてもらうとさすがにかわいい。でもちゃんと書いている。その子も今年6年生になる。ホントに成長した。

サッカーノートを書けば上手くなるかはわからないが、やらないよりやった方が良いのは確かだろう。

中村俊輔のサッカーノートの本「夢をかなえるサッカーノート」。この本はおすすめです。(良いページをコピーしてノートと一緒に配りました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。