ファーストタッチの練習-ミックス

ファーストタッチが、思うように、正確に、確実にコントロールできれば選手としての価値は高くなります。

ボールが奪われにくくなりますし、その後のプレーにも余裕が生まれます。得点に関わる局面ではファーストタッチ次第と言う場合が多いです。また仲間からの信頼が高くなり、パスも多く受けるようになるでしょう。ファーストタッチは、高難度スキルの一つで最重要な技術だと思います。より多くの練習時間を当てたいメニューです。

今回は動きながらのファーストタッチをコントロールするための練習方法です。

ファーストタッチと言うと、良い場所にコントロールすることが重要ですが、ここではまず、体(足)から離さない「ばっちりトラップ(30cm以内)」を確実に出来るようにする練習をします。

止まった状態や多少動いている状態でのばっちりトラップはそれほど難しくなですが、走りながらボールを体から離さないで受ける場合は難しくなります。実戦的にも非常に頻度が高く、得点に直結する技術の一つです。

今回紹介する練習メニューは、良くある普通のメニューですが、指導を変えることで全く違ったメニューになります。

そして複合的に練習することで、「練習の為の練習」にならないようにします。実戦的で自然に技術が付く、素晴らしい練習だと思います。そして待ち時間も少なくボールをさわる時間が長くなります。ここでは選手にどのような技術を身につける練習なのかをしっかり伝え、理解させて練習をさせる事が重要です。

ドリブルワンツーシュート
ファーストタッチの練習その1

やり方

  • グランドを半面使用します。
  • マーカー(できれば大きなコーン)を適当数並べます。
  • ワンツーのパサーを一人立たせます。
  • マーカーをドリブルで抜けた後、パサーにパスしてワンツーで受けてシュートします。

指導

  • パサーはダイレクトでかえします。その時ドリブラーの足元に強いパスを返します。スペースに適当なパスをしないことを指導します。試合で必要(理由)があってスペースに出す以外は、受け手が動いていてもその足元に正確に強いパスを出すことが同レベルや、レベルの高い相手には必要な技術になってきます。また受け手も出し手も難しいスキルです。だからこそその状況をシュミレーションした練習が必要になると思います。
  • ドリブルでコーンを抜けたらパスをしますが、動きながら正確に強いパスをさせます。このキックの時にスピードが緩まないように指導します。出来ればコーンを抜けたところにコーチが立ち、ディフェンス役をやると良いです。そしてパサーがいない方に向けてドリブルをさせ、相手をパサーから引き離すフェイントをするようにも指導します。アウトサイドでのパスもさせます。突破を試みるふりをさせます。また、パサーをコーチの後ろに立たせ、ドリブルでコーンを抜けた瞬間にどちらかに動きパスをもらいリターンするのも効果的でしょう。
  • リターンを受けるときはスペースが少ない時を想定し、ばっちりトラップコントロールをさせます。パスを出した後ダッシュしボールを受けますが受けた時に足からボールが離れないようにする事と、スピードが緩まない事を指導します。
  • シュートする時は、顔を上げてキーパーの位置を確認してからボールを見てシュートする癖をつけるように指導します。

流れ

  • パサーは全員交代でやります。人数にもよりますが、全員のパスを受けたら次の人に交代です。
  • 左右2列作り、左右でわかれてやります。全員がパサーをやり終えたら左右を交代します。

バリエーション

上の練習と要領は同じですが、今度はワンツーが先でドリブルの後シュートします。これにより突破して行く意識と、ドリブルシュートのスキルをつける練習ができます。並んで順番が来てすぐにパスをすると、止まったボールをそのままパスする事になるので、少しドリブルをさせてからパスをさせるようにすると(せこいようですが・・・)その一回のキックも無駄にならないと思います。

ファーストタッチの練習パターン2

注意点

スペースにパスを出す事は場合によって必要ですし、効果的です。それを駄目だと言っている訳ではないことをしっかり説明します。今回のこの練習は、動いている味方の足元に強いパスを正確に出すという事と、受け手が足元に入ってくる難しいボールを正確にコントロールする練習だという事をしっかり説明します。なんとなく「この辺に転がそう」という適当なパスをしないようにという事もしっかり伝えます。

この練習メニューをするようになってから、トータルで技術が上がった他に、試合中のワンツーが凄く増えました。
ワンツーを教えたけどなかなか試合でやらないという場合も、このメニューはお勧めできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。