パントキックから競り合い

試合でキーパーからのパントキックやディフェンスからのクリアーボールの処理はディフェンス、ボランチの多様スキルです。少女サッカーではこれを苦手とする選手が多くいます。

通常相手フォアードがボール落下地点で受けようとします。相手ディフェンダーはそれを阻止すべく競り合いになります。プロや男子ではヘディングでの競り合いになることが多いです。競り合う相手がいなければ足や胸等を使ってクッションコントロールすれば良いですが、試合になればフリーでそれらを行うことは少ないでしょう。

ヘディングで競り合うべき場面でも、年代(幼かったり)やディフェンダーの性格等で、なかなか出来ない・・・。

そこで、最低限落下地点に入り、体のどこでもいいから相手より先にボールに触る癖をつけさせるべきと思います。ノーバウンドで、出来れば味方に拾わせるような競り勝つように練習させたいですね。ワンバウンドすればそれをコントロールする時に相手がつめてくる時間を与えてしまいます。

あと、しっかりノーバウンドで相手より先に触ると、味方のモチベーションも上がります。「これ(次のボール)を拾ってあげなきゃ!」と思うはずです。ディフェンダーが頑張っていればミッド、フォアードも応えようとし、信頼関係も築かれます。当然、セカンドボールに対する反応や集中も良くなっていきます。逆では後手後手で良い試合にならないでしょう。

一つのプレーで試合の流れや、モチベーションが簡単に変わってしまいます。サッカーは全員でやるものだとつくずく感じます。

まず、落下地点に入り、クッションコントロール(インサイドやインステップ、太腿等でノーバウンドでトラップする)、エッジコントロール(地面にボールが着いた瞬間にインサイドやアウトサイドに当ててバウンドさせないでトラップする)を確実に出来るようにしたいです。(クローズドスキル

次にフォアードとディフェンダーで競らせる練習をします。フォアードはボールの進行方向へ、ディフェンダーは逆へヘディング出来るのが望ましいですが、まずは体のどこを使ってもよいのでフォアードもディフェンダーもボールの進行方向と逆の味方へ繋がるように競り合う練習をさせます。(オープンスキル

そのための練習は

持ち蹴りトラップ(クローズドスキル

2人一組でボールを1つ使い、片方がパントキックして相手がコントロールします。エッジとクッションをやります。

持ち蹴りトラップ競り合い(オープンスキル

  • キーパーやコーチがパントキックしてフォアードとディフェンダーが競ります。
  • 味方にボールが繋がるようにします。このボールもミッドフィールダー同士で競ります。
  • 年代等でボール落下地点を調整してヘディング等も練習します。

サッカー練習メニュー 持ち蹴り競り合い

  • 赤は味方に繋ぎゴールを狙う
  • 青は味方に繋ぎコーチへパス
  • 4対4か、2列に分けて、2対2で行う

華やかなプレーの練習ではないですが、必要な練習だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。