アウトサイドキック練習

アウトサイドはインサイドやインステップなどのキックのように足を振らないで蹴れるため相手に読まれにくい。これはシュートでもそうだ。キーパーと一対一になった時もドリブル中、不意に蹴れるためキーパーも反応しにくい。自由に使えるようにしたい。

ロングキックをアウトサイドで蹴るのもあるが、今回はパスや相手を欺くための小さいアウトサイドの練習。

これもクローズドスキルとオープンスキルの両方で練習させたい。

アウトサイドのキック練習(クローズドスキル)

三人一組でボール一個を使ったパス練習。ボールを受けたらボールが来た方にコントロールして逆に出す。

アウトサイドのキック練習

  • 単純な練習だが、出来ない子が多い
  • 足首を上手く使えると良い
  • 動きながら(動いているボールを)蹴るようにする

アウトサイドのキックを意識した2対1練習(オープンスキル)

単純な2対1だが、アウトサイドパスを多用するように指導する。ディフェンダーがパスコースを切ったら突破して構わない。

アウトサイドのキック練習2対1(オープンスキル)

  • 突破をすると見せかけてパスすることや、パスをすると見せかけて突破するなど常に逆のアクションをさせる
  • シュートもアウトサイドでキーパーの逆を狙う
  • 間合いやタイミングの感覚をつかめるように繰り返しやる

この練習をした後にミニゲームなどをすると、アウトサイドキックの頻度が上がります。ゲームでは意識はさせるものの限定はしなくて良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。