パス回しと言っても崩すためのものと逃げるためではこんなに違う

スペインのパス回しと日本のパス回しを比べた面白い動画から、パス回しの目的と概念を考えてみます。

スペイン

スペインのパス回しは攻撃のための準備で、どこでスピードを上げて攻撃をスタートさせるかを全員で考えて動いています。余裕をもって常に先手を取っている。相手のマークをズラしてスペースをつくり縦に攻撃をスタートさせている。ダイレクトパスを使い一気にスピードアップして攻撃開始している。パススピードが速い。コントロールが上手い。

日本

日本のパス回しはまず縦パスを考えて、出せないから出せるところに逃げていくような感じに見えます。切羽詰っロングボールを放り込むようになっている。急いで前へ行こうとしている。

(これはそういったシーンを抜きだして比べているので、スペインだって逃げるようにパスを回すときだってあるだろうし、逆に日本が美しいときもあります)

フィニッシュから逆算

スペインはフィニッシュから逆算し、どのようにして崩していくか、いわゆる「創って」いるのに対し、日本は「こうしたいけどできないからこう」に見えます。

パス回しの概念

パス回しの概念とは、ボールをゴールまで運ぶために味方同士でボールを受け渡す手段です。パス回しにはマークを外す、スペースを作る、相手を引き付ける、相手を寄せる、ボールウォッチャーにさせる、相手を疲れさせる、等々様々な効果があります。サッカーではゴールを奪うためにシュート、ドリブル同様なくてはならないものです。それを細かく分けると、ロングパスやサイドチェンジ、細かなパスワーク、バックパス、横パス、スペースにパス、クロス等々があります。全てのパスを、自在にそのシチュエーションに応じて最適なものを選べばいいと思います。

ただ日本はメディアで「バックパスや横パスは消極的、縦に積極的に、前に前に」的な事を多く聞きます。コーチや保護者の話の中でもよく聞きます。この動画を見ると一人一人のパスやコントロールの技術の差はあると思うが、それよりも一人ひとりのパス回しの概念の差が大きいように思います。スペインはバックパスや横パスを必要に応じて当たり前のように数多く使っています。崩すために当たり前のように。多分彼らには、バックパスや横パスが消極的と言う感覚はほとんどないのでは?と感じます。

後ろに下げるのはカッコ悪く、前に行くのが良いプレーという概念があるためか、なんとか前に行きたい心理で無理にでも突っ込んでいこうとして、だめで戻し、そして追われて切羽詰って、ロングキックといのをよくみます。それよりも堂々と早めにパスをして、いざという時に度胸を出して突っ込む。

逃げるためのパス回しも必要ですし、よくあることです。周りのボールを受けるための動きも必要ですが、同じように陰になっている味方に対し自分でボールをズラし、パスを通す感覚も必要です。

バックパスは恥ずかしくない

子供たちには、「バックパスや横パスを恥ずかし消極的なプレー」という事を意識づけしないように、「ボールを奪われずにシュートまで行く、創るサッカーをするための重要なスキル」として教えていきたいですね。バックパスをしようが、横パスが多かろうが、奪われないで最後はゴールを決めれば良いですからね。

コレクティブサッカー

前に強引にでも行く選手が目立ち話題になることが多い昨今、営業の舞台として試合をする日本人選手の少し傲慢と思えるようなプレーがもてはやされる事もあります。それを見ている子供たちやコーチ、保護者は当然目立ったプレーをさせたいと思うでしょう。逆に消極的なプレーをするなと。しかし、サッカーは一人でやるスポーツではありません。スペイン代表やFCバルセロナの優れた選手たちは地味な横パス、バックパス、前からのプレスなどチームの勝利のために自信を持って泥臭いプレーをします。勝利のため、その時に本当に必要なプレーを皆がする。カッコ悪いとか目立ちたいという事はどうでもよい。それこそがコレクティブサッカーと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。