少女サッカーコーチのやりがい

なでしこJAPAN

何のためにコーチをするのでしょうか?頼まれたから始めるという人が大半だと思います。
地域のクラブはほとんどがボランティアです。多少ですが持ち出しもあります。

「貴重な休みを使って近所の子供たちにサッカーを教える」コーチになる前は、そんなこととてもできない、と思っていました。確かに楽しそうですが、よほど大きな代償がないと務まらないように思います。自分の子供だけを教えるのであれば、疲れていれば「今日は休み」とか「「明日にしよう」とかできます。しかしコーチとなると、、、

ここでは少女サッカーのコーチのやりがい等を考えていきたいと思います。

チームを取り巻く環境が様々だと思うので一概に言えません。チームによっては全員がなでしこジャパンを目指いているかもしれません。

自分がコーチをしてるチームはというと、ごく普通の地域のクラブ。大義は「サッカーを通して地域の貢献をする」みたいのだったと思います。チームは近所の子供たちが運動目的で入る場合も多いクラブです。そのため様々な子供たちがいます。入部の条件は、「自分で通える子」とあります。
運動能力や、サッカーのレベルはかなり差があります。上手い子たちが通ってくるような有名クラブではありません。ましてサッカーが大好きという子は少なかったです。コーチも100%ボランティア。少ないポケットマネーで良い試合をした帰りなどはコンビニでお菓子パーティー。「万引きするなよ!」と言うと「するかアホ!」とか返ってくる。そんな一般的な地域のクラブです。

少女サッカーの試合について

3年生以下の大会は年に一度のニーニャス大会。これは非常に盛り上がる。サッカーを始めたばかりのちびっこが初めて勝負する大会だ。親もコーチも、選手も大興奮です。

6年生以下の大会は多く、市の大会でフットサルを入れて年4回。東京都の大会は年4回。その他招待試合やカップ戦が4回くらいあるので。試合期間が重なり、わりと忙しい。

また、少女サッカーは1学年で11人揃うクラブは少数。6年生以下で高学年。3年生以下で低学年のくくりだ。よって、高学年のチームは6年生が何名いるかで強さが大きく変わる。逆に6年生が少なくても5年生が多ければ強い場合もある。勝敗だけを考えれば2学年で11人そろ事が有利になる場合が多い。

これは良い点が多い。4、5、6年でチームを作ると4、5年生はレベルの高い体の大きな先輩と練習ができ、見本とちょうどいい目標があるので成長しやすい。試合では4、5年生は6年生に遠慮してしまい、思い切ったプレーがしにくい点もあるが、そんな選手は6年生になった時にブレイクする。
あと、男子では6年生の最後の大会は基本6年間で1度だけ。先輩の有志を見れないし一発勝負。
それに比べ、少女で4、5、6年で構成されているチームの4、5年生は3回経験出来る。ベテランだ。
うちのチームでは最後の東京都大会で5年生が2人、3年生が2名出ていた。そのうちの1人は3年生の時も出場していた。

コーチの志でチームは変る

自分がコーチを始めたころ6年生以下では、東京都大会に一回出場できるかできないか位だった。当時の高学年のコーチは「都大会に出れれば上出来、でもそこで勝つなんて無理。」と言っていた。
目標はあくまで「都大会出場」だと。

案の定高学年は都大会に2回出たものの2回とも一回戦敗退だった。

「有名クラブもあるし、全然違う、勝てるはずない」と。

初めてコーチをする自分にとって、これには驚いた。まず何故都大会優勝を目標にやらないか?そんなにレベルの差があるものなのか?聞けば「専属コーチが毎日のように練習している」とか、「上手い選手が沢山いる」とか「ほとんどが6年生」とかが理由のようだ。

選手がそこまで上手くなると思っていないのか?そこまで上手くなるほど情熱をもって教えたくないのか?

自分が選手だったら、一番強く、一番上手くなるようなチームが良いし、そうなるように教えてほしいと思う。

まだ自分のチームが低学年だったころ、高学年コーチが良く言っていたのは「女の子だからこんなもんでしょ」「男の子だったらこういう風にさせるんだけど」だった。まるでサッカーは男女では別のスポーツなんだよみたいな。

当然練習メニューも寂しいものだった。「キックとヘディングさえできるようにさせれば良い」くらいなもの。これでは強いチームになるはずがないと思った。それで「相手が強すぎる」という意味の通じないコメント。

これくらいの情熱で、これくらいの結果。なるほど。東京都大会優勝は果たせるかもしれないなと感じた。

何のために少女サッカーのコーチをやるのか

試合結果の目標は都大会優勝だが、今一つピンとこない。優勝してどうする?自分の娘を教えるのはコーチじゃなくてもできるのでは?プロ選手を育てる?なでしこジャパン?しかし、当時なでしこジャパンも今のような脚光も浴びていなく、はっきり言ってマイナーなスポーツ。

ただのボランティア? なにかすっきりしない。

そんな時参加した東京都サッカー少女部会で副会長の挨拶。そのトークで、眠気と今までの胸のつっかえがすっ飛んだ。

「女子のサッカーはあまりメジャーではありません。ですが、少女を教えるという事は、将来の日本代表のお母さんになる人を教えるという事です」

想像ができるようなできないような。

そう思った。しかも、かなり正確なアドバイスをするだろう。自分たちが教わってきた事を教えるだろう。そう思うと、なでしこジャパンにもしも行けなくても、なんか楽しいじゃないか。

凄い楽しいやりがいのある事だと思った。もっともっといろいろ教えなくてはと。

今では子供たちの成長、技術の向上を見ることや、試合での結果など、様々な喜びや感動があることを知った。サッカーを教えているだけで楽しいし、やりがいがある。かける労力に見合う以上の報いがある。ボランティアとは呼べない。一緒のチームでサッカーをやっているという感覚だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。