少年サッカーか少女サッカーか

我が娘をサッカーチームに入団させる時、少女チームにするか少年チームにするか悩む保護者は多いと思います。
確かに少年サッカーチーム(4種)上がりで活躍している選手は多です。今回はその辺を少し考えてみます。

ちびっ子なでしこをとりまく環境

少女サッカーチームと少年サッカーチームでは、まず選手登録が違います。少女に登録するか、4種(少年)に登録するかです。しかしほとんどの選手は中学生になると女子のカテゴリーになるので、悩むと言っても『12歳以下をどちらでやるか』という事でしょう。それに、チームとしては圧倒的に4種(少年チーム)が多く、少女チームは少ないのが現状なので、近所に少女チームが無ければ問答無用で4種チームに入るしかないのです。

少女登録で少女チームに所属し、少年チームの練習にも参加している子たちがいます。逆に、普段少年チームで練習していて、少女の大会の時だけ少女のチームで出場するという子も多いです。4種登録の女の子たちを試合の時だけ集め、少女の大会に出しているチームも結構あります(最近の少女の大会は、4種登録の女の子でもだいたいが出場可能となっています)

どちらが良いのか

少年サッカーチームは、コーチのモチベーションが比較的高いと思います。それに比べ、少女チームには「少女コーチのやりがい」でも書きましたが、本気で「チーム(選手たち)を強くするぞ!」と思い熱心にやっているコーチが少ないように感じます。熱心なコーチがしっかり指導してくれるなら、少年でも少女でも、どちらのチームでも良いと思います。

「男子に混じってやった方が強くなるのでは?」と思う保護者の方も多いと思います。少女チームは大体少年チームと練習グランドは一緒なので、自分が少女を教えていた時にはほとんど毎週男子と練習試合をしてもらっていました。また、中学生や大人などとゲームをすることで女子チームでも負荷をかける事ができると思います。

また、普段少年チームでやっている4種登録の女の子を集めて少女の大会に出ているチームと何度も試合をしましたが、負けた覚えがあまりありません。ずっと自分が『少女チーム』で教えてきた選手の中には、中学で東京トレセンにも選ばれている選手もいます。結局のところ、どこに所属しても、本人のやる気次第だと思います。

少女サッカーチームのススメ

4種でも少女何人かで一緒に入れば同じですが、少女チームでは友達と一緒に入る子が多いです。そして新しい友達もできます。自分は小学生の時、FC多摩というチームに所属していましたが、その時の仲間と今でも時々サッカーをします。サッカーとは関係ないこともします。生涯付き合えるような良い仲間を作ってほしいものです。

小学生の女の子一人で男の子たちとずっと一緒にやっていける子は限られてきます。それは体力や能力ではなく、性格の問題です。性格上男子の中に一人で入れない女の子でも、サッカーをやりたいという気持ちが強い子や、続ければ伸びる子も多いと思います。少年チームでなくても、少女チームで丁寧なサッカーを身に着け、のちに開花する可能性は充分あります。少女サッカーチームが増えもっと間口が広がれば、中学生、高校生になっても続ける選手はどんどん増えるでしょう。少女サッカーを更に盛り上げて行きたいですね。

先にも書きましたが、少女チームは少ないですが、少女は様々な方法でサッカーができます。選手に合ったやり方でのびのび思う存分サッカーして欲しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。