やる気にさせるには?

どんな練習でも上手くなりたいと思ってやるのと、ただ練習メニューをこなすだけなのは雲泥の差があります。一生懸命、全力で練習に臨めば上達も早いです。マーカーを使ったジグザグドリブルもタラタラやるのと、全力でやるのとかなり違うと思います。パス練習でも何でも同じです。

ただ色々な練習メニューをさせていても、「体力がつくだけ」になってしまいます。

どうしたら全力で練習に取り組んでくれるでしょうか?

試合でも同じです。ただポジションを決めて、戦術を話して後は選手任せではもったいない。

コーチじゃないお母さんに練習メニューなどを紙に書いて渡しておいても出来てしまいます。それでも当然やらないより良いですが。

大切なのは「適切な指導と、モチベーションを上げること」だと思います。

丸山桂里奈

モチベーションについて

大人の自分も同じですが褒められるとやる気が出ます。子供はもっとそうだと思います。
何につけても褒めることが一番大切だと思います。
失敗や、わからないことをいちいちどやどや言われると子供はどんどんやる気が下がってきます。
サッカーをやり始めた子供にとって、ボールを足で扱い、色々考えて動くということは大人が思っている以上に難しく大変なことです。ひとつのプレーをただ当たり前に出来たように見えて、本人は「出来た!」と思っているかもしれません。どんどん褒めることをオススメします。

例えば、ボールによっていってトラップを失敗して相手に取られた場合でも「よく行ったよ!いいよ!」だったり。ボールが無いところでカバーの為に戻ったり、裏を駆け上がったりしたら「ナイスラン!」「ナイスカバー!」などなど。とにかく褒める事でどんどん選手は嬉しくなって、自信に満ちた前向きな思考になると思います。

これは嬉しくなってやる気が上がるだけではありません。サッカーでは一瞬の判断でプレーしなくてはいけませんので、自信を持って自分の思った通りにプレーしないと良いプレーはなかなか出来ません。とにかく自信を持たせて思いっきりの良いプレーをしてもらうためにも褒めることは良いと思います。「自分は良いんだ」と思ってプレーしてもらいたいです。

逆に失敗を注意されたり、怒られたりするのは、サッカーの上で最悪だと感じます。失敗したらどうしようとか、これで良いのかな?みたいにプレーしたら良いプレーなど難しいのでは?

もちろん、指導や注意も必要だと思います。オフプレー(スローイン等でプレーが止まっている時)にやわらかく言ったほうが良いと思います。注意するというよりは、「教える」というイメージで。

子供たちは達は大人から見れば、「何でこうできないの」「こうしなさい」ということがほとんどで怒りたくなりますが、言い方が大切だと感じます。

練習中でも、失敗は怒らずに、成功を褒めると良いと思います。FCバルセロナのユースでもそうしているようですよ。

「厳しいチーム」と「やさしいチーム」は「しっかりした指導」と「いい加減な指導」とはまったく関係無いと思っています。

「やさしいチーム」で「しっかりした指導」が良いと考えています。

サッカーの技術や戦術は「どこのチームよりもしっかりと」とそして和やかなムードって言うのが良いんじゃないですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。