どちらにターンすれば良いかメッセージ付きのパス練習メニュー

本格的に寒くなってきましたね。前かがみになり下を向いてしまいがちですが、しっかり胸を張って顔を上げて前を見たいものです。

今回は顔を上げてドリブルをする練習とパス練習です。

 

一つ目は「ドリブル鬼ごっこ」この練習はウォーミングアップでやることが多いです。小学生低学年ではよくやるメニューですが、ボールをガン見しないで顔を上げてドリブルする練習になります。

ドリブル鬼ごっこ

サッカー練習メニュー

ルール

  • 鬼(赤)はビブスを持つ
  • 赤が青に手でタッチしたら鬼交代(ビブスを渡す)
  • 枠の外にボールが出たら近くの鬼と交代

指導

  • 顔を上げてドリブルする
  • スペースや鬼のいるところを常に首を振って確認

 

 

二つ目はパスをする時、なんとなく見方の方向に蹴るのでなく、どちらにターンすれば良いか、味方のどちらの足にパスすれば良いかを顔を上げて判断する練習メニューです。また、ボールの置き所(コントロール)が悪く、次の展開へ繋がるようなスキルを身につける練習もできます。

どちらにターンすれば良いかメッセージ付きのパス練習

メッセージ付きのパス

やり方

  • 青はディフェンダー役だがコーチがやり、オレンジと数m距離をとって左右に動くだけ(寄せたり奪ったりはしない)。
  • ボールを持っているオレンジがオレンジにパス
  • ボールをうけたオレンジは赤(点線)の青がいない方の足にパス
  • ボールをうけた赤(点線)はターンしてシュート
  • 青は赤(点線)の後ろで赤(点線)左右どちらかに動く
  • 移動する順番(参考までに):初めにパスを出したオレンジはパスをうけたオレンジの所へ移動。パスをうけ赤へパスをしたオレンジは赤のところへ移動。赤はボールを持ってオレンジ列の最後尾に並ぶ

指導

  • 初めパスをするオレンジはパスをうけるオレンジのターンしやすいところにパスをする。その時に「ターン」「フリー」の声を出すように
  • パスをうけるオレンジはパスが出る前に首を振って青の位置を確認し、パスをする時にもさりげに青が見えるように意識する
  • パスをうける赤は首を振って青の位置を確認する
  • ファーストタッチをシュートの打ちやすいところにコントロールする
  • 赤(点線)には次のプレーにつながるようなコントロールを意識させる
  • コントロールした後のスピードを意識

なんとなく見方にパスをするのでなく、ターンしやすいところ、どちらの足にパスを出すかの意識付けをします。同時に、首を振る、フリー等の声を出す練習もします。

バリエーション

  • パスを青がいる方にパスし、逆にターンする
  • 赤がパスをうける前にフェイントをする
  • 浮き球でやる等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。